ブログトップ

シャルロアダンスジャパンオフィス

cdjo.exblog.jp

<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル+ジェローム・ベル来日

ベルギーのダンスカンパニーが続々来日しております。

ベルギーダンスカンパニー「ローザス」の芸術監督アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル Anne Teresa De Keersmaekerが世界的に活躍するダンサージェローム ベルと共演


『3Abschied ドライアップシート(3つの別れ)』
11月5日(土)15:00〜
11月6日(日)15:00〜
彩の国さいたま芸術劇場 大ホール

e0200366_2354799.jpg


『3Abschied ドライアップシート(3つの別れ)』

アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル Anne Teresa De Keersmaeker
ローザス芸術監督。モーリス・ベジャールのムードラ(ブリュッセル)、ティッシュ・スクール・オブ・アーツ(NY)で学ぶ。1983年、ムードラで学んだ4人の女性ダンサーでローザスを結成し、『ローザス・ダンス・ローザス』でデビューを飾る。音楽と身体の構造的関係を探究しつつ常に刺激的な作品を発表し続け、名実共に世界をリードする。2004年、細川俊夫作曲、大野和士指揮によるオペラ『班女』の演出を手がけた。『ドラミング』『レイン』『ツァイトゥング』等、これまでのさいたま公演はいずれも反響を呼んだ。

ジェローム・ベル Jerome Bel
1964年フランス生まれ。パリに在住し、世界的に活躍するダンサー、振付家。身体表現に説明的な言葉を織り交ぜたコンセプチュアルな作品で知られる。92年のアルベールビルオリンピックでは開会式・閉会式の演出を担当したフィリップ・ドゥクフレの助手を務める。94年に最初の振付作品を発表して以来、多数の作品を発表している。2004年にはパリ・オペラ座バレエ団に招かれ『ヴェロニク・ドワノー』を上演。01年に発表した代表作『ザ・ショー・マスト・ゴー・オン』は、05年のニューヨーク公演においてベッシー賞を受賞した。
[PR]
by charleroidanses | 2010-09-30 23:12 | ベルギーダンス来日情報

ヴァンデンブランデン通り23番地

シャルロアダンスの公演ではありませんがベルギーのダンスカンパニー「ピピーング トム」の新作日本公演の情報です
ワークショップやレクチャーもあるようですよ。
「ヴァンデンブランデン通り23番地」
2010年10月23日(土)〜25日(日)
世田谷パブリックシアター

e0200366_22554765.jpg

ピピーング トム

その後10月30日には長野県松本市でも上演予定のようです
ピピーングトム関連イベント
[PR]
by charleroidanses | 2010-09-30 22:56

Collectif Loge22とは

Collective Loge22 とは
フランスリヨンを拠点とする”Loge22”は2005年にMarie GoudotとJulien MontyとMichael Pomeroに
よって結成。
”Loge22”は「動き」というものを、実験、調査、創作という枠組みに分けて捉える。
マースカニングハム(Merce Cunningham)
ラッセル マリハット(Ruseel Maliphant)、
リヨン国立オペラ(the Opera de Lyon,)
アンジェラン プレルジョカージュ(Angelin Preljocaj)
アンヌ テレサ デケースマイケル( Anne Teresa De Keersmaeker)
のような振付家や作家の創作法に出会っている。
今後もいろいろな作家と活動し、開かれた振付実験室となっていくだろう。
e0200366_2331890.jpg

collectif Loge22
[PR]
by charleroidanses | 2010-09-29 06:48 | collectif Loge22

シャルロアダンスジャパンオフィス

【お問い合わせ先】
シャルロアダンスジャパンオフィス

☎080-3703-4583(10:00〜18:00)
e-mail charleroidanses@gmail.com

Info
Charleroi Dance Japan Office
☎ 080-3703-4583(10:00〜18:00)
e-mail charleroidanses@gmail.com
[PR]
by charleroidanses | 2010-09-28 09:36 | お問い合わせ

シャルロアダンスとは?

e0200366_19424599.jpg

photo:Johanna de Tessières
e0200366_15175825.jpg

フランス語圏のバレエ中心だったワロン王立バレエが監督フレデリック フラマンのもとで名前を
Charleroi/Dansesに変え(1991年)、コンテンポラリーダンスの創作へと転身した。フレデリックは2004年にマルセイユ国立バレエの芸術監督として移り、2006年から4人によるディレクター、システムがスタートした。振付家のピエール デュルレルス(右)とミッシェル アン デゥ メイ、(右から2番目映像作家のティエリー ドゥ メイ(右から3番目)、コミュニケーションによるヴァンサン チュリオン(左)。彼らによるクリエイションを中心としつつ、フェスティバル(11月のダンス ビエンナーレ等)の企画、フランス語圏の振付家に向けたレジデンスプログラム、プロのダンサーを養成するレッスンやワークショップなども提供。
拠点はベルギー南部のシャルロアの「レキュリー」とベルギー首都のブリュッセルの「ラフィネリー」で、それぞれ乗馬教室と佐藤工場を改装した建物。
Charleroi/Danses
e0200366_15175825.jpg

[PR]
by charleroidanses | 2010-09-21 15:18 | シャルロアダンスとは?